ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

7月の定期受診

14日(金)、いつもの受診日でした。
今回は3か月毎の循環器内科受診もありました。

朝、9時前に病院に着き、受付をすませていつもの採血・採尿。
そのあと、まずは循環器の方から。

2月以来、胸痛は起こっておらず、予兆も違和感もないことから、
「薬が効いている、もしくは血管の機能が向上しているか、ですね。(今の薬を)続けましょう」
ということで、短く終わりました。
循環器受診は(特に問題がなければ)、また3か月先になります。


次は血液内科です。
主な結果は以下の通り。



フリーライトのカッパと比が微増ですが、「この程度なら」ということで経過観察継続となりました。
主治医先生は、いつも、
「どうする?維持療法を確かなものにするということで新しい薬、始める?」
と、聞いてきますが、私は「なるべく、今のままを長く保ちたい」旨を言いますので「経過観察」となります。

9月にはCTを撮ることになっています(年一回)。



にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

PageTop

6月の定期受診(休薬2か月半経過)

6月16日(金)は、定期的な受診日でした。
サレド休薬して3回目の診察日。
FLCのデータは、休薬後2度目となります。

実は、数値の上昇程度によっては、この日を待たずに電話連絡で教えてもらうということになっていました。
下記のように、下降しているということで電話もなく、結果はこの日に初めて教えてもらいました。

採血20170616

休薬後3か月(2ヶ月半)ですが、先生は「数値が上がっていなくても次の薬(レブラミド)を飲み始める」という選択肢を、なんとなく推奨するような口ぶりでした。
私は、サレドとレナデックスの副作用から解放された今の状態をなるべく長く味わっていたいという気持ちを伝え、先生も、じゃあ、そういうことでいきましょうと認めてくれました。

しかし、本当に、早い段階で次の薬を始めた方がいいのでしょうか?
後々のことを考えるとそうした方がいいのかどうか、私には判断する材料がありません。

やっぱり、もう少し今のままがいいなぁ。


にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

PageTop

休薬中のFL値は?(5月定期受診)


5月19日(金)は月一回(4週、または5週おき)の定期的な受診日でした。

採血・採尿の主な結果は以下の通りです。






4月から休薬となって以来のフリーライトの値ということで、正直、けっこう気になっていました。

ご覧のようにカッパが「15.1」から「20.7」へ、比も「1.89」から「2.69」へと上昇。
「微増」ということで、ただちにどうこうするという話にはなりませんでしたが、今後の経過によっては当然新たな治療に入っていくわけです。
そういうことで、じゃあ、どういうタイミングで、どんな治療に入るか等について、主治医先生のお話を伺いました。
今まで聞いた話とだいたい同じですが、タイミングについても薬についても、ほんの少しずつ具体的に言及されたので診察時間はいつもよりも長く感じられました。
上昇傾向なのか、上下行なのか、もう少し見続けないと何とも言えません。

体はいたって好調。
副作用から解放されて、治療以前の「普通に元気」な体のありがたさ、うれしさを実感しています。
抗がん剤お休み中ということで、いわば「野放し」ですから、ふだんの生活で自分の身体を守ることを、地道に続けています。
たいしたことはしていませんが・・・。

・なるべく新鮮なものを食べる。
・食べ過ぎない。
・疲れを溜めない。
・清潔にする。
・睡眠を十分にとる。
・ストレスを溜めない。
・よく笑うようにする。

などです。





にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

PageTop

4月の定期受診

24日(月)は月一回の定期受診でした。
サレドとレナデックスが休薬となって初めての診察日。
そして循環器内科の方も診察がありました。

採血・採尿の主な結果は次の通りです。
フリーライトについては前回の数値ですから、休薬後の数値が分かるのは次回ということになります。




概ね「良好」。
フリーライトもカッパ、ラムダ、ともに基準値内でした。比の方も(一応)基準値に向かっています。
サレドを止めて、これらがどうなっている(どうなっていく)のか、気になるところではあります。

主治医先生によると、サレドについては、最近、副作用の重さから次第に治療の前線から消えつつあるとのことでしたが、実際はどうなのでしょうね。


3月末日から休薬して、体は本当に元気になっています。
前回も書きましたが、今は骨髄腫発覚前の「普通」の体です。
「普通」がこんなにいいものなんだと、あらためて実感する毎日です。

ダルさからの解放。
夜の眠気からの解放。
便秘からの解放。
足の痺れは、まだあります。これは消えないかも知れません。

当然ながらレナデックスの副作用からも解放され、日々の行動に気を遣うこともありません。
何曜日でも、どこにでも出かけることができます。


循環器の方では、前回、先生に「薬は減らしてもいい」と許可をもらっていることからコニール、アイトロールともに半分にしています。
胸痛は2月17日にごく軽い予兆があって以来起こっていないので、このペースで続けます。


にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

PageTop

休薬して感じる体の変化

先週の金曜日(受診日)以来、サレド休薬ということで服用していません。
そのことは私の別ブログにも書きました。

今日で7日目になります。
まだ一週間ですが、それでも体調に変化が出ています。
今のところ、以下のような感じです。

・四六時中感じられたダルさ(日によって強弱あり)がほとんどなくなっている。
・服用後の眠気がなくなったので、やや就寝時刻が遅くなった。入眠はやや時間がかかる時もある。
・服用後に目がショボついたり体がフラついたりしていたのがなくなり、就寝前まで時間を有効に使えるようになった。
・すっきりと目覚められるようになった。
・足裏の痺れ(ブヨブヨした感じ)は依然として有る。
・便秘傾向も少しずつ緩和されてきたようだが、まだ以前と同じというわけではない。
・精神状態(テンション)の上下行がかなり少なくなりフラットに近づいてた(レナ断ちの影響)。

今後、新たな変化が感じられたら、また書きます。


3年前の夏に自家移植&大量化学療法を受けて、秋(11月)からサレドを飲み始めたのですが、その服用前の「普通の体調」にほぼ戻った様な感じです。
セットで服用のレナデックスも当然休止なので、週一のダル日もありません。

胸痛(狭心症)は、今年になってからほとんど起こっておらず、特に、ここ2か月は予兆、「予兆の予兆」ともに全くありません。
薬も減らしてよいと言われましたので、今は半量にしています。

ということで休薬というのは本当にありがたいのですが、身体が元気になるのと共に腫瘍細胞の方も元気を取り戻してくるのかどうか、そこが気になる所ではあります。


にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

PageTop