ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

11月の定期受診

昨日は通院日でした。


採血・採尿の結果は以下の通りでした。

20151127


今回、うれしいことにフリーライト・チェーンの値が初めて20を下回り、基準値にあと少しのところまでいきました。
ka/la比はぎりぎり基準値内に到達しました。
「到達」といっても、今までのように数値は上下行するでしょうから、しばらくは様子見が続きます。
このまま「安定期」が続いてほしいと願っています。

昨年10月から今年10月までのフリーライト値(kappa)の推移だけを見ると・・・・

40.9→35.9→36.5→34.6→30.9→31.2→28.4→27.7→30.2→25.5→22.4→26.8→19.6

となっており、上下行しながらもぼちぼちと下降している、と思いたいのが人情というもの。

数値の動向に一喜一憂するというのは、前の大腸がん後の診察における腫瘍マーカーの推移で経験済みです。
最初にCEA正常値超えを見たときは「やはり再発か!」と思いましたが、しばらく上下行を繰り返しているのを見て、「行ったり来たりは大丈夫」と聞き、安心しました。
その後CEAは正常値を3ポイントほど超えたあたりで「定着」。
「偽陽性」との判断で、そのまま放っていました。
そして、術後5年目を迎えたCT検査で、今の病気を見つけてもらったのでした。
大腸がんとは全く関係のない、人生二度目のがん「多発性骨髄腫」。

診察では、他に血圧のことなど違う話もありましたが、それはまた別の機会に書きます。
一度に全部書いてしまうと、また次の診察日までネタがなくなってしまいそうですので・・・・。
ここでは病気関係のことしか書いていません。
家族のことや趣味のことは11年以上続けている別ブログにて綴っていますので。



にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する