ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

9月の定期受診(CT検査あり)

今日は、定期的な通院日でした。
自家移植の治療から退院後1年が経過したのでCT検査もありました。

午前中からの検査ということで朝食抜き。
採血・採尿・CTが済んでから、売店でサンドイッチを買って食べました。
持ってきた朝食後の薬もその時にのみました。
週一のレナデクッスも・・・。


骨の状況は1年前と「ほぼ変わらず」。
1年前のCTでは「骨病変の部位に硬化が見られる」との所見で、わずかながら骨の再生が認められたのですが、その後、再生が進んだのではないようです。
でも、悪くなっていなかったのでよかったと思いました。
骨病変だけは画像で見ないと分からない、と先生も仰っていましたので、実は少し不安もありました。
3週間前くらいから、時々、左腰に鈍い痛みがあって、「もしかしたら・・・」と思っていましたが、どうも関係ないみたいです。
とにかく、この病気が発覚してから体中の微妙な痛みに過敏になっています。

採血・採尿の(主な)結果は次の通りでした。

20150925


フリーライトκ値(先月の値)が、また下がったのがうれしい。
IgG,IgA,IgMが相変わらず低いのは「腫瘍細胞が邪魔している」(主治医先生談・・・たぶん)とのこと。

便秘傾向も強くなってきたのでマグミットとフォルセニッドを出してもらいました。
私はマグミットだけでもよく効くのですが、まあ一般的な処方をしていただいたのでしょう。


昨夜飛び込んできた川島なお美さんの訃報。
先日、メディアに出られて、あまりに間もないことでした。
いろいろと思いますが、今は言葉になりません。
ただただ本当に立派な最期の過ごされ方であったと思いました。





にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する