ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

退院後二度目の外来受診

今日、一週間ぶりの外来受診でした。
先週の通院時に比べて、比較にならないくらい楽に通院できました。
もう、ほとんど「普通」です。
採血、CT、診察、そしてゾメタ点滴を受けて帰ってきました。
昼食抜きでCTでしたので、診察待ちの間に売店の弁当を食べました。


採血結果は次の通り(カッコ内は先週の値)

白血球     4900(3300)
赤血球     3.61(3.53)
ヘモグロビン  10.5(10.1)
ヘマトクリット  31.5(29.6)
血小板     65  (43)

好中球     34.1(24.5)



いずれも前回より上昇していました。
白血球はめでたく「基準値範囲内」に到達。
あとは、亀の歩みですが上り続けています。


CT所見では、あの派手に「空洞化」(?)していた左腸骨の腫瘤部分に「硬化が見られる」ということでした。
早い話が「骨の再生部分が(少し)増えている」ということでした。
他の部分は特に所見無しとのこと。

今後の治療が「薬無しの様子見」で行くか「服薬で行く」か、その判断はフリーライト・チェーンの値の推移を見て決めるということですが、今日は新しい数値は出ていませんでした。

日常生活については、基本的に「治療以前と同じでいいよ」とのことでした。
まあ、血圧も低いし採血結果もまだ低値なので、それなりに気を付けなければいけませんが、ずいぶん気が楽になりました。

今回で一応、「大量化学療法併用末梢血幹細胞移植」の治療は一区切りとして、今後は「維持療法」ということになるのでしょう。
診察も4週間毎になります。


↓よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。