ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

ハーベスト入院第1日目

今日から入院。
でも、今日は「外泊」で、今は家です。
朝、いつもより早く目覚めたので「朝食抜き」と聞いていましたが内緒でパンを食べちゃいました。
CTはほとんどお昼だったので問題なかったです。
検査は、身長体重・採血・採尿・心電図・心エコー・CT(頭から膝まで、造影剤無しで)。
それだけ済ませて一度帰宅し、午後2時に「ちゃんと」入院しました。

3月と同じ病棟です。
見知った看護師さんがたくさんみえる一方、4月以降に赴任・転任された看護師さんの姿もありました。
ベッドは窓側じゃないのが残念ですが、それは仕方ないですね。
待っている間ウォークマンでいろいろと音楽を聴いていました。
母と弟が来て、しばらくするとナース・ステーション奥の部屋に呼ばれ、主治医先生から治療の説明がありました。

私には、今までの通院を通して聞いてきた内容がほとんどでしたが、母や弟たちには、あれで内容が理解できたのかな?っていうくらいややこしかったと思います。

治療の名称は「末梢血幹細胞移植併用大量化学療法」です。

ここを読んでくださっている皆さんにはとっくに周知のことですが、治療の概要について知りたい方は下記リンク等を見て下さい。

自家造血幹細胞移植とは(「こつずいしゅ通信」より)

今回は8月15日から始まる「大量化学療法」までを一連の治療として、全体を説明していただきました。
当然、副作用、リスクなどについてもお話がありました。


明日の夕方に病室に戻り、日曜日からG-CSFの投与が始まります。
明日からは、病室からの投稿(タブレットを使っての)になる予定です。


↓よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ











スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する