ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

妻の症状

第2クールも順調にスタートしているようで、シャックリの副作用も比較的軽く済みました。

今、我が家では妻が一番苦しんでいると言えます。
1月10日以降の(私の病気発覚に伴う)生活の急変は、精神疾患で「自宅療養中」の妻にとっては本当に過酷なものになりました。
私も退院し、老母も隣への引っ越しが完了し、物理的な負担はかなり軽くなっているのですが、精神的にはまだまだ尾を引いています。
ここ数年で、最も状態は悪いと言ってもいてでしょう。

退院前日の21日に一時帰宅した時は、過呼吸の発作がひどくて救急車のお世話になりました。
これ、去年から数えて3回目です。
その後も、小さい過呼吸症状は何度もありました。

夕食後に突然体がしんどくなり、布団に直行・・・その後、数十分間、下肢が全く動かない、ということも何度も起っています。
本当に、精神疾患(うつ病)は、様々な身体症状があらわれるものです。

おおまかに言って、明け方から午前中は前向きな心もちで洗濯とか身の回りのことができるのですが、午後からが辛いようです。
気分転換するにも身体がついてこないもどかしさもありイライラしたり落ち込んだり、の繰り返し。

それでも今日は、お化粧して着るものもチョイスして髪切りにでかけました。
友人の経営する美容院です。
送迎付きです。





↓よろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する