FC2ブログ

ジュピターからの風

多発性骨髄腫&重症筋無力症。ふたつの難病と共に生きています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

12月の定期受診(脳血流検査入院決める)

12月1日(金)、定期的な(血液内科)受診日でした。

採血・採尿の主な結果は以下の通りです。



「低値御三家」(IgG,IgA,IgM)のうちIgMが参考値(標準値)に入りました。
フリーライトのカッパは微増(実は11月の臨時受診で分かっていました)。

ということですが、前回、書いたように脳の方に所見があることから、「そっちの方をはっきりさせましょう。抗がん剤再開はそのあとで」ということになりました。

先月の脳MRIの診断から脳外科(脳神経外科)の先生と血液内科の主治医とが相談してくれたようです。
それによると、「造影剤禁忌」などの原則はあるものの(骨髄腫の状態が安定しているなど)総合的に判断して、脳(血流)の状態を精査する方向でいいのではないか、というお話でした。
(骨髄腫により腎臓の機能が落ちている場合は、造影剤によって腎機能障害に陥ることがあるのです。私の場合腎機能は「正常」です。)
もちろん、最終的には患者である私が決めるのですが、私もその方向でお願いしたい旨伝えました。

で、今月の下旬に3泊4日の検査入院をすることになりました。

検査は「脳血流シンチ」と「脳血管造影検査」の二つです。

「シンチ」の方で脳血流の精査を行い、その結果によっては2つ目の「造影検査」はしなくてよい場合もあるそうです。
「造影検査(カテーテル検査)」は主に「バイパス手術」に向けた検査だからです。

私は今の(自分の)状態から思うに、バイパス手術が必要だろうと思っていますが、さてどうなることでしょうね。


にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。