ジュピターからの風

多発性骨髄腫&重症筋無力症。ふたつの難病と共に生きています。

幹細胞自家移植から丸三年

3年前の今日は幹細胞自家移植の日でした。
そのことを少しだけ私の別ブログに書きました

8月に移植して、11月に、その評価からサレド服用が始まりました。
サレド、そして週一回のレナデックスの副作用と共存する日々が2年半、今年の4月まで続きました。

「再燃」傾向が明らかになった場合、主治医は「レブラミドでいってみよう」と仰っていました。
そうすると、また違う副作用が出るかも知れません。
サレドの副作用は、私は比較的楽でしたが、今度もそうなるかどうか、それはやってみないと分かりません。
仕事もできないほどの強い副作用が出るかもしれない・・・。

そう思うと、「元気」な今のうちにしかできないことをやっておこう、そんな気持ちになります。

何をするか?

それは、だいたい心に決めていますが、これは他の人にお許しをいただかないとできないことなので、今は伏せておきます。




にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する