ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

4月の定期受診

24日(月)は月一回の定期受診でした。
サレドとレナデックスが休薬となって初めての診察日。
そして循環器内科の方も診察がありました。

採血・採尿の主な結果は次の通りです。
フリーライトについては前回の数値ですから、休薬後の数値が分かるのは次回ということになります。




概ね「良好」。
フリーライトもカッパ、ラムダ、ともに基準値内でした。比の方も(一応)基準値に向かっています。
サレドを止めて、これらがどうなっている(どうなっていく)のか、気になるところではあります。

主治医先生によると、サレドについては、最近、副作用の重さから次第に治療の前線から消えつつあるとのことでしたが、実際はどうなのでしょうね。


3月末日から休薬して、体は本当に元気になっています。
前回も書きましたが、今は骨髄腫発覚前の「普通」の体です。
「普通」がこんなにいいものなんだと、あらためて実感する毎日です。

ダルさからの解放。
夜の眠気からの解放。
便秘からの解放。
足の痺れは、まだあります。これは消えないかも知れません。

当然ながらレナデックスの副作用からも解放され、日々の行動に気を遣うこともありません。
何曜日でも、どこにでも出かけることができます。


循環器の方では、前回、先生に「薬は減らしてもいい」と許可をもらっていることからコニール、アイトロールともに半分にしています。
胸痛は2月17日にごく軽い予兆があって以来起こっていないので、このペースで続けます。


にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する