ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

抜歯(ゾメタに向けて)

入院期間中、3回のベルケイド注射を受け、退院後の28日に4回目を受けたのですが、そのときに「次回からゾメタの点滴をしますので、歯科受診をしてください。」と言われ、紹介状も渡されました。
昨日、その歯科受診に行ってきたのですが、結局、抜歯2本施してもらいました。
ゾメタの点滴は2年間。
その間は抜歯や顎の骨の治療ができなくなるということで、将来(これから先、2年以内に)治療が必要となりそうなところを先に治療しておくということなのです。

左の奥歯上下1本ずつを抜いてもらい、下の方は縫合もしてもらいました。
麻酔が切れた後もたいして痛みはなく、今日の朝食後も痛んでいないので助かります。

ただ、今朝は起きた後に胸痛がありました。
1年前の今頃もあったのてすが、今年は3月の入院以降、軽い痛みが数回ありニトロを口中で溶かしました。
こちらの方は骨髄腫とは関係ないようですが、治療(薬)との関係もあるので近いうちに診てもらうつもりです。


にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。