ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

12月の定期受診(胃検査付き)

一昨日(21日)はいつもの定期受診日でした。
前回予約した胃カメラ検査もありました。

次男を朝イチで施設に送り届けて、その足で病院へ。

予約は9時でしたが、やはり朝の病院は混んでいました。
連休前、年末ということで特に込み合っていたように感じました。

採血・採尿も、いつもより随分と待たされ、そして内視鏡検査室へ。
内視鏡検査は、胃も腸も何度もやっていますので、もう平気ですが、やはり喉を通過するときだけは嫌ですね。
呼吸をゆっくり大きく深くやっていれば楽に通過するのですか、カメラの先端を妙に意識してしまうと、つい「オエ~っ」となります。
そういうときは、わざと大声で
オエぇぇぇぇ!
ゲェェェェェェ!

と叫んでしまうと、不思議とあとは楽になります。
(あくまでも個人的な対処法ですので参考になりません)

胃の検査は、前回も書いたように、私から言いだしたのでした。
サリドマイド服用まるっと2年が過ぎて、「二次がんのリスク」云々の話もあったので、今後は胃腸を中心に監視していこうと思ったわけです。
渡辺謙さんのことも頭にあったし・・・私は大腸癌を切っていて、今、人生二度目のがん治療をしているわけですが「二度あることはなんとやら」という言葉も気にならないわけではない・・・。

前回、主治医先生は「アミロイドーシスの検査ということで実施します。・・・まあ、数値的にはアミロイドは大丈夫でしょうが・・・。」とおっしゃっていました。
組織検査の結果は来週聞きに行きます。


採血・採尿の主な結果は次の通りでした。

採血161221

フリーライトがぼちぼちと正常値(参考値)に近づいていて、毎度のことながらうれしいです。
総蛋白とアルブミンが下降していますが、特にコメントなし。
ここには出していませんが、カルシウムが基準値以下でした。
白血球の「3.2」なんて全く「正常値」という感じでした(笑)。

実は、10日(木)に胃腸風邪に罹り、その晩だけでしたが嘔吐2回下痢数回ありました。発熱はありませんでしたが、いつもとは違う「いやらしいダルさ」に見舞われました。
ダルさと少しの食欲低下は3日ほど続きました。
↓別ブログに詳しく書いたので、お暇でしたらお読みください。
≪胃腸風邪≫~ブログ「静かな場所」~

今回は循環器の受診はなかったのでお昼ごろに帰宅しました。



にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんわ、初めてお便りします、一休さんは暮れは大変でしたね、あちこちで流行していましたね、家では、婿と孫がかかりました、私は一度もかかった事がありません、すごく気持ち悪くて大変だそうですね、私は2009年発病しその年の8月に自家移植をやりました、その2年後にiggが3800になったので、レブラミドト、イナデックスを飲んでいます、1月に検査に行ったらIGGが1066-^~800の間を行ったり来たりしています、一休さんはギタ-リスなんですね、私はハ-モニカを習っています、先日ギタ-を挑戦してみたけど、難しくて、すぐにやめてしまいました、ギタ-引ける方を尊敬してしまいます、スポ-津でしたらなんでも好きです、今年は宮古島にいつてスノ-ケルをやってきます、一休さんは、スポ-ツは何かやられますか、これからもよろしくお願いします、お互いに風邪に気をつけましょうねお休みない

みいちゃん | URL | 2017-01-05(Thu)17:52 [編集]