ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

7月の定期受診と胸痛のこと

7月の定期受診の報告です。
7月1日でしたので、もう4週間も過ぎてしまいました(汗)。
遅れた理由は特にありません。
単に怠けていただけです。

今回は午前10時の予約ということで、朝の諸々が忙しかったのですが、診察後の時間が有効に使えてよかったです。

採血・採尿の主な結果は以下の通り。
「特に問題なし」
とのことでした。



フリーライトの「比」がHとなっていますが、(現状での)「変動の範囲」とのことでした。

話は狭心痛のことがメインとなり、2月からヘルベッサー服用して頻度は減ったものの依然として胸痛があるということで、
「循環器内科、もう一度受診してみたら」
ということになりました。

幸いにして(?)多発性骨髄腫の方は、今のところは「横ばい」で推移していますが、この狭心痛がなんともやっかいな感じです。


以下、私的な狭心痛のレベル分け

A・・・予感(なんとなく来そうな感じ。ごく軽微な胸の違和感)
B・・・予兆(Aよりはっきりとした胸の違和感。奥歯の付け根あるいは顎の骨のあたりや両手首のなんとも言えないダルい感じ)
C・・・弱胸痛(痛み、苦しさはそれほどでもないが、動きを止めたり横になったりして深呼吸を繰り返さないと治まらない)
D・・・中胸痛(Cが治まらず、ニトロを投じて治める。苦しさもCより大きい)
E・・・強胸痛(Dよりも大きい胸痛。未経験)

かつてはDが何度かありましたが、今はC以下がほとんどです。
しかし、Cでも何度も起こる場合はニトロを投じます。
またBが頻発する場合は「予防の意味で」フランドルテープを貼っておいたりしています。


実は、先日(25日)循環器内科を受診したところなのですが、そのことについてはまたあらためて。


にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する