ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4月の定期受診(FLC再び基準値内に)

今日は定期的な血液内科の通院日でした。

ゾメタが前回で(一応)終わったので、病院に居る時間も短くなりました。
もともと、あまり待たされることのない診察ですが、今日は予約が午後1時30分で、2時過ぎには病院を出ることができました。
ただ、採血・採尿のために、いつも予約1時間前には受付をすませています。

今回の主な数値です。
(赤字は基準値外。-、+ともあります)

20160408

フリーライトが「17.5(kappa)、13.5(lambda)、1.30(kl比)」と再び正常値の範囲に入って一安心。
他には特に「問題なし」とのことでした。
自分としては好中球がずっと高値なのが気になりますが、先生は問題視していない様子。
低値御三家(IgGなど)も、いつも通り低値で推移しています。
昼食を摂ったあとでしたので血糖は156(標準70-109)でした。


以下、主治医先生とのやり取りで・・・

・ゾメタに関しては、今後、例えば3か月に1回の頻度で投与する、などの方法もある。

・フリーライトがこの状態で「安定」していてもサレドは続ける。

・サレドを止めると腫瘍細胞は増えるだろう。効いている間は続ける。

・しかし、いつかは必ず増えてくる。その時期は分からない。

・続けると二次癌のリスクは高まるが、多発性骨髄腫の再発による様々なリスクと比べればサレドを続ける方を採るべき。

・・・などのお話がありました。

ニトロも10錠出してもらいました。
いつも2錠は外出時持ち歩き、2錠は枕元に置いてあり、ストックがなくなってきましたので・・・。

書きませんでしたが、先月下旬に口腔外科受診しました(周術期ケア)。
骨などに特に異状なく歯石の沈着もほとんどありませんでした。

・・・と、書き出せばなんの問題もないようですが、日々の体調上下行はけっこうあります。
特にレナ切れの日曜日から火曜日朝くらいにかけてのダルさ、微胸痛など。
ヘルベッサーの影響で、朝が起きにくくエンジンがなかなかかからない等々。
仕方ないですね。

4月から新しい職場です。
前年度と同じ週9時間の非常勤です。
願わくば、これからの1年も無事に勤め通すことができますように。
次回の受診は5月6日です。




にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。