ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

心臓CT検査の結果を聞きに行く

今日は循環器内科受診でした。
先週の心臓CT検査の結果を聞くための診察でした。

心臓CTの3D画像の鮮明なことに驚きました。

以下、先生のお話を思い出すままに書くと・・・・

「動脈硬化などは特に見られません。ご覧のように、どの血管も、すっときれいに伸びています。わずかに一ヵ所だけ、ごく小さい『動脈硬化になりかけの部分』があります(そこを拡大して見せていただくと、たしかに白く光っていました)が、これで胸痛が起こることは考えられないので、やはり痙攣性の狭心症でしょう。」


「ただ、こういうこと(胸痛)が起こるということは、血管の機能が低下していることは確かなわけです。」


実際に(胸痛の)発作が起こっているので、薬で抑えつつ、食事や運動など生活の面から血管の機能向上を図っていくことが大事だとも言われました。
薬は発作を抑えるものであって、血管の機能を向上させるものではないからです。

私は、薬服用の頻度について聞きました。
今までは、状態に応じて飲んだり飲まなかったりしていたので・・・。

「痙攣性の発作であっても、痛みがきつい場合は心筋梗塞になる場合も(まれに)あるので、やはり、薬は定期的に飲むことが好ましいです。しかし患者さんの薬に対する考え方もいろいろあり、最終的な判断は患者さんのご判断でいいと思います。」

ずっと前から降圧剤を服用していますが、胸痛の薬(貼り薬や飲み薬)を使うときは止めていました。
胸痛の薬にも血圧を下げる働きがあり、二つとも飲むと下がり過ぎるような気がしたからです(シロウト考えですけど)。
実際、12月の「急変」は、どちらも使用していた場合に起こりました。
その後は降圧剤を半量にしてもらっています。
その点に関しても

「血圧の薬は、それはそれで続けてください。まだ血圧は高いですし、勝手に調整することはあまり勧められませんから。」

ということでした。

前回、出してもらった飲み薬(ヘルベッサーR)を(一応)毎日飲むことになりました。
薬が増えるのは嫌なのですが、仕方ないですね。

食事や運動、ストレスなどを見直して、良い方向にしていくことを(今よりも、もっと)考えますか。

・・・と言いながらも、先日、妻にもらったチョコを食べたりポテトチップスの袋に手を入れたりしている私なのですが???
(レナデックスのせいでもある、ということにしておきます)


今の病気が確定されることになった骨髄検査を受けた日から2年が過ぎました。
ちょうど2年前の昨日と今日が検査入院でした。
2年経って、また違う検査を受け、今日はその結果を聞くということで、妻は朝からずいぶんと心配していたようです。
結果が分かってすぐに、とりあえずメールで知らせましたが、あとで聞いたらメールを見た後しばらく泣いていたそうです。

妻の心身が不調になり、義母の運転で病院の精神科を受診したのが6年前の2月22日。
私が大腸がんの病休から仕事復帰して3週間後のことでした。
その2年後、妻と子どもの介護の時間を確保するために、私は定年まで6年を残して退職。
週16時間の非常勤をしていましたが、2年前からは今の病気治療が始まり・・・と、夫婦ともに病気とのお付き合いが続いています。
今回、「もしかして、この上、心臓も!」と気をもみましたが、病気の神様(?)も、そこまではイジワルじゃなかったようです。

にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する