ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

12月からずっと微妙・・・。

12月初旬以来、微妙な体調で推移しています。
ふだんの生活には(今のところは)特に支障はありませんが、例の「胸痛」の頻度が随分と増して、いまや「ほぼ毎日」に近い。
目覚めて最初のトイレ後に、軽いのが来ます。
それでオシマイの日が多いのですが、洗面所で歯磨きした後に2回目が来ることもあります。
以前は、レナ切れの日曜日に時々起っていましたが、今は日曜から火曜、水曜くらいまで続きます。
3回来ると、フランドルテープを貼りつけます。
今週は、ほぼ毎日。
今朝もありました。
痛み(苦しさ)は、それほどきつくはないのですが、治まるまで、やや長くなった感じです。
今までだと深呼吸10回前後のうちにすっと治りましたが、最近は20回以上繰り返してもなかなか引いていかない場合もあり、今朝も、横で見ていた妻に、
「ちょっと長かったのじゃない?」
と言われました。

胸痛は骨髄腫以前からあった症状ですが、ベルケイド→移植→サレドと、治療を続けている中で、このような状況になってきました。

しかし、不思議なことに、仕事に出てしまうと全く起こりません。
起こるのは家の中。
それも、トイレ、洗面所などに行ったあと。
我が家は築100年以上の純日本家屋ですので、隙間だらけです。
仕切りは障子と襖ばかりなので、冬は隙間風ビュービューですし、トイレへは屋根続きで行けるとは言え、構造上は戸外にあるようなものてすから、ずいぶんと室温は低いと思います。
温度変化が胸痛を誘発しているのかも知れません。
体温保全にはかなり気を付けているのですが・・・うぅぅぅん、困ったものです。

来週の受診で、主治医とあらためて相談してみます。
12月以来、毎日の血圧記録に加えて、胸痛やフランドルテープ、ニトロの使用記録も綴っています。

狭心症の検査(造影剤使用)が「原則禁忌」なので、違う手を考えていかなくては・・・。
明日は休日出勤ということもあり、今日はフランドルテープを貼っています。

このテープを毎日貼り付けてしのいでいく、というのもありかな?



にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する