ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

レナデックス服用翌日に・・・・

昨日は、昼前にほとんど寝っころがってCDを聴いていたのですが、ちょっと体を起こしたときから急に胸苦しくなって、「あっ、(いつものが)来たかな?」と思い、深呼吸を始めたのですが、なんだかいつもと違う。
例の8月に「失神」しとたときと同じように、だんだん意識が遠のいていくような、なんか夢の世界入っていくような感じがあり、あっ、これはまずいという自覚もまだ残っていて、なんとかしなくちゃとさらに動いたら、吐き気に見舞われ、手元に置いてあった「普段よく聞くCD」が入った段ボール箱を手に取ったのですが、さすがにそれはまずいということは判断できて、ゴミ箱に手を伸ばし、態勢を整えたのですが、意識はどんどん不確かになりつつあるようだし、ここは防音部屋なので妻を呼ぶにも携帯しか手段はなく、コールしようと手に持っても、字がほとんど見えなくて手間取り、やっとのことで通じたころには、ずいぶんと「失神一歩手前」状態からは戻っていました。
しかし、自分の呼吸音が、まるで岩石がぶつかるような音か、群衆の大合唱みたいに聞こえ、普通じゃないのは分かりました。
ほかにもいろいろ粗相はありましたが、それは省略・・・・。

前日の金曜日がレナデックス服用でしたが、その日は早く眠ったのはいいものの、目覚めが早く、結局3~4時間ほど眠っただけでした。
そして、早朝からずっと起きていて、昼前に、こんなことに。
そう言えば、朝の血圧がけっこう低かったのですが、「いつも通り」降圧剤を飲んだのでした。
それがいけなかったのか???

よくわかりませんが、今朝は目覚め時に、時々訪れる“いつもの”「胸痛」があり、久しぶりにニトロを口中に投じました。
ですので降圧剤は服用していません。

どうもレナデックスがらみで、もともと「とても控えめ」だった狭心症的症状がけっこう勝手気ままに活動するようで、本当に腹が立ちます。


にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する