ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

されど数値~定期的な受診日でした~

今日は4週間毎の定期的な受診日でした。
今回は主治医先生の都合で5週間目の受診でした。
いつもの採血・採尿の(主な)結果は次の通りです。

150612結果


「数値」の動向が気になるのはやむを得ないところです。
私の「前の癌」である「大腸がん」の術後の定期的な検診でも、やはり採血結果には一喜一憂させられました。
腫瘍マーカーが、だいたいにおいて基準値越えで推移していて、かといって右肩上がりというわけでもなく基準値やや上でほぼ「横ばい」でした。
当時の主治医先生の見立ては「偽陽性」ということで、横ばい状態が安定(?)してからは特に変わった手立てもしませんでした。
そして、「そろそろ5年で一区切り・・・」とか言ってた矢先に今回の病気発覚となったのでした。

その話は置いといて・・・。

今回、フリーライトチェーンのカッパ値がわずかながら、また下がったことは素直に喜びたいと思います。
基準値上限「19.4」まで、あと8.3。
このまま下がり続けてくれるのか、あるいは、またまたさまよえる上下行に戻るのか、あるいは上向に転じるのか???
主治医先生は、30前後で「安定」していて症状出ていないのであれば、それはそれでいいのではないかというようなお話もされましたが、やはり、「正常値」に入ってほしいと願うのが正直なところです。
たかが数値、されど数値なのです。





にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ





スポンサーサイト

PageTop

レナデックス服用日のことなど

金曜日は週一回のレナデックス服用日です。
去年の今頃はBD療法で、同じく週一回レナデックスを服用していました。
あのときは一度に10錠でしたが、今は1錠です。
たった1錠ですが、それなりに「気分高揚」による多弁、ハイテンション、不眠、注意散漫、そして特有の倦怠感等の副作用があります。
「しゃっくり」は10錠の時みたいに頻繁には出ません。

今がちょうど、そのピーク(らしい)です。
それで、こんな記事を綴っているわけです。
「多弁」は家族に迷惑ということで、なるべく自重していますが、その分、ネット上でいろいろと書き呟いています。
先週は、PC前に座っている時間がいつもよりも長く、結局2時間くらいしか寝ませんでした。
そのあとの2日間(土日)、けっこう慌ただしく動いていて、(軽い)胸痛もありました。
そう言えば、5月は2回もニトロを舐めました。
春から(少しだけですが)仕事もしていて、その疲れもある上に週末の不眠と諸々が影響しているのでしょうか?
そのへんの因果関係はよく分かりません。
胸痛は、骨髄腫が発覚する以前からありましたが、去年のBD療法開始以降、やや回数が増えました。
ほとんど冬、春ですが、年に3~4回ほどあります。
多発性骨髄腫の治療中は造影剤を使った検査が「禁忌」となっており、カテーテル検査ができません。
それに、私の場合、頻度も程度も「たいしたことない」ので「様子見」となっています。
ネットでいろいろ見ましたが、とにかく「疲れをためない」「ストレスをためない」「睡眠を十分に取る」など、自分で予防に努めるのが(今のところは)いいようです。
ですので、今夜は早く寝ることにします。
はたして眠れるかな???



にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ




PageTop