ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

5月の定期受診

8日(金)は、4週おきの定期的な受診日でした。
連休明けだからなのか、病院内はけっこう混んでいて、採血の順番待ちなど、いつもより待たされました。

採血、採尿の結果から主なものは以下の通りです。
クリックすると大きくなります。

0508採血

フリーライトチェーンの値が僅かながら下がっているのは素直にうれしく思います。

また、ここには出していませんが、数か月間、ずっと高値だった中性脂肪の値が基準値内に戻っていたのもうれしかったです。
4月から(少しですが)仕事をするようになって体を動かしているからなのか?
そのへんの因果関係は分かりません。

主治医先生と以下のような会話をしました。


私「子どもや妻のことについて福祉関係の人と話をする機会もあるわけですが、その中で自分の病気についても説明する場面もあります。病名や治療のことは、そのまま言うとして、病気の状態としては、とのように説明すればいいのでしょう?今の状態は『寛解』とは言えませんよね。」

先生「『寛解』というのは、あなたの場合、フリーライトチェーンが平常値内に下がり、なおかつ骨髄検査をして腫瘍細胞が検知されないということになってはじめて『寛解状態』というわけです。」


また、薬剤師さんとの面談では、前に書いた「汗」についてはサレドの副作用ではないのではないか、ということでした。

今回、ゾメタ点滴もいつもよりペースが遅く、それで余計に帰宅が遅れました。


にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ






スポンサーサイト

PageTop