ジュピターからの風

多発性骨髄腫と診断された私の「闘病日記」です

2月の定期受診(day175)

昨日(13日)は定期的な外来受診日でした。
採血・採尿の(主な)結果は次の通り。


白血球(基準値4.0-9.0)3.9 →3.7
赤血球(基準値4.10-5.60)4.90 →4.88
ヘモグロビン(基準値13.5-17.5)14.0→13.6
血小板(基準値130-350)139→119
好中球(基準値40.0-65.0)48.7→44.4

12.05 01.16 02.13
IgG(基準値870-1700) 824L → 723L  → 733L
IgA(基準値110-410) 51L → 40L  →  44L
IgM(基準値35-220) 23L → 21L  →  23L


軒並み下降して、いくつかは基準値下回っていますが先生は特にコメントせず。
年末年始以来、サレドの影響なのかダルさが時々ありますし、ここ数日は体調もイマイチって感じでしたからねぇ・・・。
それが理由と言う訳でもないのかな?

今、妻がインフルエンザ中です。
私も咳が出ています。
7日、三男が一時帰宅から病棟に帰ったあとに、彼のインフルエンザ感染の連絡がありました。
一番接していた私は(今のところ)発症していなくて、少しだけ接した妻が発症してしまいました。
引き続き、気を付けたいと思います。


フリーライト・チェーン値(これが、いつもメインです。月遅れの数値報告となります)

Free Lite Chain
kappa値(3.3-19.4) 36.6(8/04)→37.8(9/08)→40.9(10/17)→35.9(11/07)→36.5(12/05)→34.6(01.16)
ka/la比(0.26-1.65)13.56 (8/04)→ 5.25(9/08) →4.87(10/17)→3.78(11/07)→2.79(12/05)→2.72(01.16)


こちらの方は微々たる変化ですが、良い方への変化ということで素直にうれしい。
カッパの方は上下行しているようですが、カッパ・ラムダ比の方は少しずつ正常値へと向かっているので、それは先生も「ある程度、評価してもいい」と仰っていました(気休めかも?)。

「あなたの場合、臓器障害とか骨の痛みとか、そういうのがないから、見えない部分での闘いになっているわけですが、見えない部分での戦いであることでやっていけることを良しとして続けて行きましょう」
というようなお話もありました。


にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
にほんブログ村


がん・腫瘍 ブログランキングへ




スポンサーサイト

PageTop